東区役所前整形外科

病気を知る

腰椎椎間板ヘルニア | 腰部脊柱管狭窄症 | 頸椎症性神経根症 | 
変形性膝関節症 | 半月板損傷 | スポーツ外傷・障害

スポーツ外傷・障害

スポーツ外傷・障害とは

スポーツ外傷

スポーツ活動中の外傷のことで、骨折、靭帯損傷、打撲、脱臼、肉離れなどがあります。

スポーツ障害

スポーツ活動において同じ動作を繰り返すことにより生じる疾患で、オーバーユーズ(使いすぎ症候群)と言われています。

どんな病気?

肉離れ

瞬発的に力を発揮させようと筋肉が収縮し、直後急激に引き延ばされた時に起こる筋肉の損傷のことで、大腿部(太もも)に多く発生します。特に短距離走、サッカーなどで多く発生します。再発を起こしやすいため予防も重要です。

要因として筋肉の柔軟性の低下、疲労、筋力や筋持久力の低下などがあげられます。

靭帯損傷

靭帯損傷は膝や足関節で多くみられますが、ここでは膝前十字靭帯損傷について紹介します。

膝前十字靭帯損傷は方向転換、直地、減速、停止動作で発生することが多く、重心が後方にあり床に足が固定され膝が軽く曲がった状態で、膝をひねることで受傷します。バスケットボール、サッカー、スキーなどで多く発生します。

疲労骨折

骨の同じ部分に繰り返し加わる力によって起こる骨折です。骨折する部位により名称がつけられており、脛骨疲労骨折では陸上競技やバスケットボール、バレーボールなどジャンプを多用するスポーツで多く、踵骨疲労骨折では長時間のランニングなどで多く発生します。

足底腱膜炎

足の裏にある筋肉を足底腱膜炎(足底筋膜)といい、ランニングやジャンプなどを繰り返し行うことで負担がかかり足底腱膜に発生する炎症のことをいいます。長距離の歩行やランニングなどで多く発生します。

上腕骨外側上顆炎

肘の外側に発生する痛みで、手首を返す動作の繰り返しによって発生します。スポーツではラケットスポーツで発生しやすいですが、日常生活動作でも多く発生します。

ジャンパー膝

膝蓋骨(膝のお皿)を中心とした痛みや腫れなどの症状がみられ、バレーボールやバスケットボールなどジャンプを多用するスポーツでみられます。

腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱内視鏡手術専門
東区役所前整形外科

お問い合わせ電話番号: 011-742-5155

〒065-0012 札幌市東区北12条東7丁目1-35
地下鉄 東豊線 「東区役所前」駅 4番出口より徒歩2分