東区役所前整形外科

病気を知る

腰椎椎間板ヘルニア | 腰部脊柱管狭窄症 | 頸椎症性神経根症 | 
変形性膝関節症 | 半月板損傷 | スポーツ外傷・障害

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、関節軟骨の変性を基盤とした疾患です。関節軟骨は骨の先端を覆っているものであり、通常、柔軟性と弾力性、なめらかさを持っており、関節のスムーズな動きを支えています。しかし、繰り返し負担をかけることで、軟骨の摩耗が進むと、骨同士がこすれあい、強い痛みを感じることがあります。

変形性膝関節症

こんな症状ありませんか?

  • 膝関節がこわばったり、膝が伸びにくくなる・曲げにくくなる。
  • 椅子から立ち上がった時に痛みが出現し、歩くといったん消失するが、長時間の歩行で再び痛みが出てくる。
  • 階段や坂道の昇降時にも痛みを感じる。

治療法

日常診療においては手術療法よりも保存療法を行う頻度が多いです。

保存療法

痛みを抑えるために抗炎症薬を投与することはもちろん有用であるが、同時に、正座を避ける、杖をつくなどの日常生活のよりよい方法などを説明しています。リハビリでの積極的な膝周辺の筋力強化は、膝関節を安定させ症状を改善させます。膝関節のすでに痛みがある場合や高齢者では、あおむけに寝た状態で運動することが望ましいです。

手術

保存療法で症状の改善が得られない場台、手術療法を考慮します。はじめに関節内を観察しながら、変性した半月板や軟骨、骨膜や骨棘の処理を行う関節内視鏡手術を行います。その後、症状が改善しない場合や更に痛みが増した場合には次の手術を考慮します。変形がまだ関節全体に及んでいない場合には、骨切り術によって変形を矯正するとともに、変形が及んでいない関節面に荷重を移動させる骨切り術を行います。変形の進んだ変形性膝関節症は、人工関節置換術を考慮します。

腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱内視鏡手術専門
東区役所前整形外科

お問い合わせ電話番号: 011-742-5155

〒065-0012 札幌市東区北12条東7丁目1-35
地下鉄 東豊線 「東区役所前」駅 4番出口より徒歩2分