東区役所前整形外科

病気を知る

腰椎椎間板ヘルニア | 腰部脊柱管狭窄症 | 頸椎症性神経根症 | 
変形性膝関節症 | 半月板損傷 | スポーツ外傷・障害

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症

脊柱の中には脊柱管という腰や脚の大切な神経の通り道があります。この脊柱管がさまざまな原因で狭窄(狭くなる事)して、神経を圧迫することで下記、次のような症状を引き起こします。

【1】 背骨をつないでいる靭帯(黄色靭帯)の肥厚(厚みが増すこと)

【2】 椎間板(背骨の間にはさまっているクッション)の膨隆(膨れあがること)

【3】 椎間関節(背骨をつなぐ関節)の変形

長年の腰への負担や、加齢に伴って次のような変化が起きてくる場合が多いようです。

こんな症状ありませんか?

間歇性跛行(かんけつせいはこう)

最も特徴的な症状です。長時間歩くと足が重くなり、前に進む事が辛くなってきます。

座って少し休むとまた歩けるようになります。

痛み、しびれ

腰や下肢(臀部、大腿、下腿、足部、足先)に痛みやしびれを感じます。

特に立位(立っているとき)や腰の後屈(後に反り返る)で症状が増悪します。

感覚が鈍くなる

足の感覚が鈍い、重い、冷たい。

トイレに行きたいかどうかがわからない。(膀胱直腸障害)

治療法

保存療法

痛みやしびれをやわらげるための消炎鎮痛剤、血流促進剤などの薬物療法。局所麻酔剤を炎症の起きている神経へ注射するブロック療法(仙骨ブロック、神経根ブロック)を行います。次に腰にかかる負担を軽減するための姿勢訓練や日常生活の動作訓練、そして温熱や電気、牽引などの物理療法、筋力トレーニングやストレッチなどの運動療法、手技療法を行っていきます。

手術

保存療法を続けても症状が改善されてこない場合や、重度の脊柱管狭窄症で下肢に麻痺がみられたり、10分程度の歩行で間歇性跛行が現れる、尿失禁などの膀胱直腸障害が現れた場合は手術の適応になってきます。

腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱内視鏡手術専門
東区役所前整形外科

お問い合わせ電話番号: 011-742-5155

〒065-0012 札幌市東区北12条東7丁目1-35
地下鉄 東豊線 「東区役所前」駅 4番出口より徒歩2分