東区役所前整形外科

病気を知る

腰椎椎間板ヘルニア | 腰部脊柱管狭窄症 | 頸椎症性神経根症 | 
変形性膝関節症 | 半月板損傷 | スポーツ外傷・障害

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

正常

ヘルニア

椎間板は椎体と椎体の間にはさまっていて、衝撃を吸収するクッションのような役割をしています。構造は水分に富んだゼリー状の髄核を、繊維輪が包んで保護しています。

この椎間板に色々な原因で負担が掛かり、繊維輪の薄い部分を髄核が破って、飛び出ることにより、すぐ後を通っている腰や下肢の大切な神経を圧迫し、そこで炎症を起こして激しい痛みやしびれなどの様々な症状を引き起こします。

こんな症状ありませんか?

座っている時や前にかがむと増悪する、腰から下肢のしびれや痛み

腰から下肢(臀部、大腿、下腿、足部、足先)に痛みやしびれを感じる。

痛みやしびれのために長時間、同じ姿勢をとれない。

感覚が鈍くなる

足の感覚が鈍い、重い、冷たい。

トイレに行きたいかどうかがわからない。(膀胱直腸障害)

下肢の運動麻痺

足が動かしにくい。特につま先が上がりにくくなり、歩くときにつまづきやすい状態に。

治療法

保存療法

まずは数日間(長くて4日程度)、安静にしながら消炎鎮痛剤などによる薬物療法や、局所麻酔剤を炎症の起きている神経へ注射するブロック療法(仙骨ブロック、神経根ブロック)を行います。

次に、腰にかかる負担を軽減するための姿勢訓練や日常生活の動作訓練、そして温熱や電気、牽引などの物理療法、筋力トレーニングやストレッチなどの運動療法、手技療法を行っていきます。

手術

保存療法を続けても症状が改善されてこない場合や、重度のヘルニアで下肢に麻痺がみられたり、尿失禁などの膀胱直腸障害が現れた場合は手術の適応になってきます。

腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱内視鏡手術専門
東区役所前整形外科

お問い合わせ電話番号: 011-742-5155

〒065-0012 札幌市東区北12条東7丁目1-35
地下鉄 東豊線 「東区役所前」駅 4番出口より徒歩2分